FC2ブログ

第19回 ヨロンマラソン2010(追記)

おきゃです。

待ちに待った?3/7与論マラソンの報告(第一報?)がyo-sunさんから届きました!
…しかし、今シーズンのフルは、私の東京も、ねこ娘さんの篠山も、与論も、雨に泣かされましたねぇ~。
(…と言っても、与論は冷たい雨ではなさそうですが…)

********************************

今日は、
7日のヨロンマラソンに行ってきました。報告遅くなり申し訳ない。

メールでおかちゃん指摘の「愛RUNど」は、還暦チーム(若干還暦すぎも居たかな)で、
与論島でのフルに5名とハーフに1名で関空より5日に出発。
沖縄(夏日の27度)に1泊し、翌日4時間かかり与論島へ。

IMG_0113.jpg

下見をホテルの車で案内してもらい、夕方からは、ウエルカムパーティーで満員の会場で思わぬ人(香原ダさん)とバッタリ遭遇。
お互いエイサーや与論ケンポウと言う祝杯で明日のレース大丈夫かなとゆうほど大騒ぎ。

IMG_0115.jpg


明けて7日は、あいにくの雨(涼しくて助かった)。
コースは、島をスタート地点近くまで行き、折り返し来た道を戻りスタート地点のゴールに戻る島2周のフルと、島1周のハーフ。
私は14年ぶりのフル、7時間かけ観光しながら走ってこようと気楽にスタート。
結果は予想どうりの5時間53分(完走できてまずまずかな)。

参加者の皆さんそれぞれに頑張り全員めでたく完走。中でも香原ダさんは4時間23分で年代別3位さすが。


島の皆さん総出の歓待には感激しました、楽しい旅が出来ました。


********************************

…なんか楽しそうな旅で、うらやましいです…。
僕の東京のタイムより速いし…(悔し~い!)


次はtakaさんのレポートが届くのを待ってますよ~!
あと、他の参加者(「Kわさん」や「Sか井さん」や「Kま谷さん」や…)の皆さんも、コメント・感想をヨロンしく!

 


 

 

systemupです。

Hやしさんからもレポートが届きましたのでご紹介します。
写真もたくさん添付されていたので、アルバムの方へアップしておきます。

 

*************************************

遅くなりましたが、ヨロンの報告と、写真を整理し添付しました。

 

3月5日

出発前の週間予報では沖縄地方雨との予報でしたが、那覇に着いたら晴れ間も見えて、初夏の陽気でした。半そでTシャツサングラスのいでたちで、首里城、国際通りの散策。
夜は、琉球料理と泡盛を飲み琉球ライブを楽しみました。

 

3月6日

早朝からヨロン(沖縄県でもよいと思いますが、鹿児島県です)への4時間余りののんびりした船旅です。
船室では、早朝出発のためか皆さんお休みです。
今日も、予想が外れて青空に白い雲が印象的な、初夏の天気です。
デッキの上では、再会を祝して泡盛で宴会を始めたグループや、島々を眺めてロマンチックに時間をすごしたり飛行機では味わえない、贅沢な?しばしの時間です。
船の中ではマラソン参加者がほとんどの為か、お互いはじめて会ったように思えず話が弾みます。
フェリーがヨロンに着くと、ミス与論や島民の皆さんの歓迎。
ミスからプレゼントされた、島の小学生の生徒さんが海岸で集めた星の砂貝殻とヨロンマラソン頑張れとの、メッセージ絵がなによりも感激です。
そこにかかれた絵が、クジラの絵でした・・・・・フェリーで見た遠くの水柱はやはり、クジラだったと思うとラッキーでした。
夜のふれあいパーティでは、エイサーや南のリズムに酔いしれ踊り、大きな盃で黒糖焼酎の回しのみ(与論献奉)フルマラソン前と思えないヨイヨイの前夜でした。

 

3月7日 マラソン当日

またもや(八ヶ岳の雨、久米島台風で中止)、雨。 娘がつけたニックネーム“嵐を呼ぶ男”が・・・・・
スタートの頃は、すこし小雨となってきたのでカッパは脱いで、いつものカメラを入れたリュックを背にスタートです。
デジカメは心配なので、防水フィルムカメラで42.195KMを楽しむこととしました。
コースは、起伏のある海岸線とサトウキビ畑の間をぬい、島を外周を往復するコース設定でした。
小雨が肌には気持ちよく感じられ、折り返しまではついついハイペースとなり、2時間7分で折り返しました。
マラソンは25kmからといわれてますが、まさにその通りで今まで経験したこの無い、膝上の筋肉に痛みが出て動けなくなり、マッサージとエアサロンパスで我慢しながらのランとなりました。アップダウンでの負荷が堪えたのかと反省です。
後半は、エードで山羊汁とおにぎりを堪能し、コースを外れての写真撮影をしながら苦しみ・楽しみながらゴールしました。
40kmで何とか5時間を切れるかと頑張りましたが、上り坂では足が動かず 5時間02分01秒と悔しい思いでした。
ゴールしてからは地元中学生のボランティアで、蓬湯とマッサージのサービスを受けて心温まる思いでした。
マッサージを受けた後、ありがとうといわれたのには、こちらこそありがとう・・・・・感激
夜の完走パーティと、知人のおもてなしで、またまた焼酎で酔い酔い。
心温まる歓待と、お酒に酔いしれた(私だけかな?)思い出に残るマラソンの旅でした。

*********************************************

Hやしさん、これ・・・7割方、観光旅行記ですね。

コメント新規投稿&コメント一覧

管理者にだけ表示を許可する

















10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -